Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows での外部管理からの保護

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows での外部管理からの保護

"設定 / 操作方法"へ戻る
2013 9月 09 Article ID: 9400
 
 
 
 

システムサービスが外部から管理されないように保護することにより、リモートホストから製品を管理しようとするすべての試みをブロックできます。

既定では、Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のシステムサービスの外部管理は有効にされています。ただし、必要に応じて、いつでも無効にできます。

外部管理を有効または無効にするには:

  1. アプリケーション設定ウィンドウを開きます。
  2. ウィンドウ左側から[詳細設定]を選択します。
  3. システムサービスの外部からの管理を無効にする]をオン(またはオフ)にします。
  4. 保存]をクリックして、変更を保存します。

 

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了