Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows を使用して暗号化されたハードディスクのマスターブートレコードを復元する方法

 

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows を使用して暗号化されたハードディスクのマスターブートレコードを復元する方法

"暗号化"へ戻る
2019 1月 16 Article ID: 9757
 
 
 
 

本記事は次のKaspersky Endpoint Security 10 for Windowsの製品バージョンに関して記載しています。

  • Service Pack 2 Maintenance Release 3 (バージョン 10.3.3.275)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 2 (バージョン 10.3.0.6294)
  • Service Pack 2 Maintenance Release 1 (バージョン 10.3.0.6294)
  • Service Pack 2 (バージョン 10.3.0.6294)
 
 
 
 

暗号化されたハードディスクのマスターブートレコード(MBR)にエラーが含まれる場合があります。システムをこのハードディスクから読み込むことができなくなる可能性があります。

暗号化されたハードディスクの MBR を復元するには、以下に記した条件を満たすワークステーションまたは仮想マシンに接続する必要があります。次に、ハードディスクの MBR を修正するために暗号化されたデバイスの復元ツールを使用します。

 
 
 
 
 

ワークステーションまたは仮想マシンの要件

 
 
 
 
 

物理ドライブで MBR を復元する方法

 
 
 
 
 

VMware 仮想ドライブで MBR を復元する方法

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 
 
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了