Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows をインストールした後、Web ページが読み込まれない、または正しく表示されない

 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows (for workstations and file servers)

 
 
 

Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows をインストールした後、Web ページが読み込まれない、または正しく表示されない

"トラブルシューティング"へ戻る
2017 9月 27 Article ID: 9998
 
 
 
 
Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のインストール後に、インターネットブラウザーで Web ページを開くことができない場合や、正しく表示できない場合があります。
 
テクニカルサポートにお問い合わせを送信する前に、以下の操作を実行してください:
 
  • 別のブラウザーを使用してみます。
    たとえば、Microsoft Internet Explorer を使用している場合は、Mozilla FireFox で Web ページを開いてみます。
  • 問題の原因となっている Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows のコンポーネントを探します。
    たとえば、Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows を開き、ウェブアンチウイルスを無効にし、Web ページを開いてみます。
    原因のコンポーネントを特定できるまで、この方法ですべてのコンポーネントをテストします。
テクニカルサポートサービスにお問い合わせを送信する方法:
  1. セルフディフェンス を無効にします。
  2. Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows の GUI でレベル 500 のトレースファイル生成を有効にします。
  3. ドライブ C に http という名前のフォルダー(С:\http)を作成します。
  4. KES10_http_dump.zip をダウンロードし、解凍します。 (64 ビットオペレーティングシステムの場合は SP1_HTTPTrafficDump.zip
  5. ファイル trace_http_kes10_ON.reg(64 ビットオペレーティングシステムの場合は trace_http_kes10_ON_x64.reg)を実行します。
  6. コンピューターを再起動します。
  7. ファイル install.cfg にアプリケーション設定を保存します。
  8. 問題が発生したときの状況を再現するため、該当する Web ページをブラウザーで開いてみます。
  9. 問題の Web ページの スクリーンショット を撮ります。
  10. ブラウザーを閉じます。
  11. フォルダー C:\http 内のすべてのファイルを圧縮します。作成した圧縮ファイル以外のすべてのファイルをこのフォルダーから削除します。
  12. ファイル trace_http_kes10_OFF.reg(64 ビットオペレーティングシステムの場合は trace_http_kes10_OFF_x64.reg)を実行します。
  13. コンピューターを再起動します。
  14. アプリケーションの GUI でトレースファイルの生成を無効にします。
  15. ユーティリティ GetSystemInfo を使用してシステムに関するレポートを生成します。
  16. ファイル(作成した圧縮ファイル、install.cfg、GetSystemInfo レポート、スクリーンショット)を問題の詳しい説明とともに テクニカルサポートサービス に送信してください。
 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了