既知の問題と制限

Kaspersky Security Center の管理対象デバイスのプロパティで、予備のライセンス情報が表示されません。

Kaspersky Security Center で、管理対象デバイスのプロパティにローカルタスクが重複して表示される場合があります。

ローカルのアップデートタスクのアップデート元を変更すると、アップデートタスクが自動的に実行できなくなります。

Kaspersky Security Center で、ライセンスの追加タスクで定額制サービスを追加すると、ライセンス種別が正しく表示されない場合があります。

Safari のネットワークトラフィックを本製品のスキャンから除外するには、次のパスを除外リストに追加する必要があります:

Google Chrome のネットワークトラフィックをスキャンから除外するには、次のパスを除外リストに追加する必要があります:

Kaspersky Security Center Web コンソールと Cloud コンソールを使用して Kaspersky Endpoint Security ポリシーのポリシープロファイルを作成した後、設定がクライアントコンピュータに正しく適用されていることを確認する必要があります。

macOS 11.0 のコンピュータで、FileVault ディスク暗号化をポリシーの設定で有効にすると、管理者権限を持つユーザがシステム環境設定から Mac の起動ディスクを復号化できるようになります。

「&」の文字は、FileVault ディスク暗号化のパスワードに使用できません。

プロキシサーバのオプション変更は、本製品を再起動しないと適用されません。

信頼されない証明書を持つ Web サイトに Safari が接続できない場合があります。その場合、その Web サイトを除外リストに追加するか、別のブラウザを使用してください。

Kaspersky Endpoint Security バージョン 11.1 を macOS 12 で使用する場合、次の制限事項があります:

ページのトップに戻る