「うるう秒」挿入に伴うカスペルスキー製品の影響について

 

 

記事一覧: 互換性情報

 
 
 

「うるう秒」挿入に伴うカスペルスキー製品の影響について

"互換性情報"へ戻る
2018 3月 16 Article ID: 11994
 
 
 
 

日本標準時を決定・維持しております国立研究開発法人「情報通信研究機構」にて、平成29年(2017年)1月1日(日) 午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」の「うるう秒」挿入が予定されております。


「うるう秒」挿入のお知らせ

http://www.nict.go.jp/press/2016/07/08-1.html



「うるう秒」の挿入が発生した場合でも、弊社にて現在公開しております個人向け、法人向け全製品におきまして動作に影響はございません。特別な対処も必要ございません。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。

 

このページの改善点を教えてください。

メールアドレスや電話番号を記入いただいても弊社からご連絡はいたしません。テクニカルサポートに問い合わせをするにはアカウント (作成 / ログイン) ページからログインしてください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了