ブルースクリーンが発生する場合の完全メモリダンプの取得方法 (Windows 10)

 

記事一覧: レポート取得

 
 
 

ブルースクリーンが発生する場合の完全メモリダンプの取得方法 (Windows 10)

"レポート取得"へ戻る
更新日: 2021年06月18日 Article ID: 12402
 
 
 
 

カスペルスキー製品をインストール後、OS(オペレーションシステム)がクラッシュ してブルースクリーンが表示される場合があります。以下がブルースクリーンの画面です。


12402_01


ブルースクリーンが表示される場合、コンピューター上のソフトウェアやドライバーがカスペルスキー製品と競合している可能性があり、原因を調査するには、完全メモリダンプが必要になります。カスペルスキーのテクニカルサポートから完全メモリダンプの取得を依頼された場合は、以下の手順で取得してください。

  1. OS がインストールされているシステムドライブ(通常 C ドライブ)に 25 GB 以上の空き容量を確保します。デフォルトでは、ダンプファイルはシステムドライブ直下の Windows フォルダに、ファイル名 MEMORY.DMP で保存されます。
  2. CrashControl.zip をダウンロードし、圧縮ファイルを解凍して CrashControl.reg ファイルを取り出します。
  3. CrashControl.reg ファイルをダブルクリックして実行し、〜 続行しますか? と表示されたら[ はい ]をクリックします。
  4. 〜 レジストリに正常に追加されました と表示されたら[ OK ]をクリックし、コンピューターを再起動します。
  5. ブルースクリーンが表示される問題を再現させます。
  6. システムドライブ内の Windows フォルダ ( システムドライブが C ドライブの場合は "C:\Windows" ) に移動し、MEMORY.DMP ファイルを見つけます。MEMORY.DMP ファイルが完全メモリダンプです。
  7. こちらのサポートページ に記載の手順で、MEMORY.DMP ファイルを圧縮します。

作成された圧縮ファイルをカスペルスキーのテクニカルサポートへ提供してください。圧縮ファイルはサイズがとても大きいので、クラウドストレージ(Google Drive や One Drive など)にファイルをアップロードし、ダウンロード用 URL をカスペルスキーのテクニカルサポートへ伝える形で提供をお願いします。

 
 
 
 
この情報は役に立ちましたか?
はい いいえ
有難うございました
 

 
 

このページの改善点を教えてください。

いただきました貴重なご意見は、サポートページ改善のために役立てさせていただきます。
サポートエンジニアによる支援を希望される場合、テクニカルサポートをご利用ください。

送信 送信

フィードバックありがとうございます

ご提案いただきました内容は今後の記事改善に役立てて参ります。

完了