Wi-Fiネットワークのぜい弱性に関する通知の設定

2023年10月3日

ID 81791

カスペルスキー VPN セキュアコネクションがコンピューターにインストールされていない場合、本製品はWi-Fiネットワークへの接続と、インターネットにおける安全性の低い通信でパスワードを使用することについての通知を表示します。通知のウィンドウから、接続およびパスワードの送信を許可またはブロックできます。

カスペルスキー VPN セキュアコネクションをインストールすると、Wi-Fiネットワークへの接続時と暗号化されていないパスワードの送信時に表示される通知に関する設定は、無効になります。Wi-Fiネットワークへの接続に関する通知は、カスペルスキー VPN セキュアコネクションで設定できます。

Wi-Fiネットワークのぜい弱性の通知を設定するには、次の操作を行います。

  1. 本製品のメインウィンドウを開きます。
  2. メインウィンドウの下部にある 設定ボタン をクリックします。

    設定]ウィンドウが表示されます。

  3. セキュリティ設定]セクションを選択します。
  4. ファイアウォール]コンポーネントを選択します。

    ファイアウォールの設定が表示されます。

  5. 脆弱なネットワークに接続するときに通知を受信する場合は、[Wi-Fiネットワークのぜい弱性について通知する]をオンにします。通知を受け取らないときは、チェックボックスをオフにします。このチェックボックスは、カスペルスキー VPN セキュアコネクションがコンピューターにインストールされていない場合に使用できます。
  6. カテゴリの選択]をクリックしてWi-Fiネットワークのぜい弱性のカテゴリを選択します。関連するぜい弱性を持つWi-Fiネットワークに接続しようとしたとき、本製品は通知を表示します。
  7. Wi-Fiネットワークのぜい弱性について通知する]がオンの場合は、通知表示の詳細設定を編集できます。
    • パスワードの送信が保護されていない場合、ブロックして警告する]をオンにして、インターネットで[パスワード]に入力する際に暗号化されていないテキストのパスワードの送信をすべてブロックします。
    • オンにする]をクリックすると、暗号化されていないフォームでのパスワードの送信に関する通知を表示させるために既定の設定に戻します。暗号化されていないフォームでのパスワードの送信に関する通知の表示を以前ブロックしていた場合、それらの通知の表示が再開されます。

保護されたWi-Fiネットワークに接続していると、そのネットワークを信用するかどうか確認する通知が表示されます。次のオプションから1つを選択できます。

  • いいえ、外部からコンピューターへのアクセスをブロックします:自分の端末から開始された接続以外のこのネットワークのすべての外部からの接続はブロックされます。インターネットを使用でき、すべてのWebサイトを閲覧できます。このネットワーク上のほかのユーザーはコンピューターのリソースに接続することはできません(例えば、共有フォルダーを含むディスクの内容にアクセスできません)。
  • 制限し、共有アクセスのみ許可します:インターネットを使用でき、すべてのWebサイトを閲覧できます。このネットワーク上のほかのユーザーはコンピューター上のリソースへのアクセス権はありませんが、共有が設定されたリソースにはアクセスできます(例えば、共有フォルダーなど)。
  • はい、すべてのネットワーク動作を許可します:このネットワーク上のすべての接続が許可されます。インターネットを使用でき、すべてのWebサイトを閲覧できます。このネットワーク上のほかのユーザーは制限なくコンピューターに接続できます(例えば、ディスクの内容にアクセスできます)。

スマートホームモニター]をオフにすると、以前検知されたWi-Fiネットワークのぜい弱性に関する通知が本製品のユーザーインターフェイスに残ります。これらの通知は非表示にすることができます。通知を削除するには、現在のWi-Fiネットワークの接続を解除するか、次の操作を実行してください。

  1. 以前検知されたぜい弱性を解決する。
  2. スマートホームモニター]をオンにします。
  3. Wi-Fiネットワークのぜい弱性をスキャンする。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。