Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

本製品の初期設定

2023年3月3日

ID 197897

コマンドラインを使用して Kaspersky Endpoint Security をインストールした後、初期設定スクリプトを実行して、アプリケーションの初期設定を実行します。インストール後の設定スクリプトは、Kaspersky Endpoint Security のパッケージに含まれています。

クライアントデバイスの保護を有効にするためには、コマンドラインを使用して本製品をインストールした後、初期設定を行う必要があります。

Kaspersky Endpoint Security の初期設定スクリプトを実行するには、次のコマンドを実行します:

# /opt/kaspersky/kesl/bin/kesl-setup.pl

Kaspersky Endpoint Security パッケージのインストール完了後、初期設定スクリプトを root 権限で実行する必要があります。スクリプトにより、Kaspersky Endpoint Security の設定値の段階的な入力が要求されます。スクリプトの実行完了とコンソールの解放は、アプリケーションの初期設定が完了したことを示します。

リターンコードを確認するには、次のコマンドを実行します:

echo $?

コマンドがコード 0 を返した場合、アプリケーションの初期設定は正常に完了しています。

このセクションの内容

ロケールの選択

使用許諾契約書とプライバシーポリシーの表示

使用許諾契約書への同意

プライバシーポリシーへの同意

Kaspersky Security Network を使用する

ユーザーへの Administrator ロールの割り当て

ファイル操作のインターセプターの種別の決定

SELinux の自動設定の有効化

アップデート元の設定

プロキシサーバーの設定

定義データベースのダウンロード

定義データベースの自動アップデートの有効化

本製品のアクティベーション

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。