Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

アップデート元の概要

2023年3月3日

ID 197978

アップデート元とは、Kaspersky Endpoint Security の定義データベースとソフトウェアモジュールのアップデートが含まれているリソースのことです。アップデート元に指定できるのは、FTP サーバー、HTTP サーバー、または HTTPS サーバー(Kaspersky Security Center、カスペルスキーのアップデートサーバーなど)、およびユーザーによってマウントされるローカルディレクトリやネットワークディレクトリです。

事前に定義されたアップデートタスクの既定のアップデート元は、カスペルスキーのアップデートサーバーです。アップデートサーバーには、カスペルスキーの多数の製品のための定義データベースとソフトウェアモジュールのアップデートが含まれています。アップデートは、HTTPS プロトコルを使用してダウンロードされます。

何らかの理由でカスペルスキーのアップデートサーバーをアップデート元として使用できない場合、カスタムのアップデート元からアップデートを取得できます。カスタムのアップデート元として指定できるのは、ユーザーによってマウントされるローカルディレクトリまたはネットワークディレクトリ(SMB / NFS)、または FTP サーバー、 HTTP サーバーや HTTPS サーバーなどです。アップデートタスクの設定で、カスタムのアップデート元を指定できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。