Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

保管領域にあるオブジェクトの ID の表示

2023年3月3日

ID 197988

オブジェクトが保管領域に配置されると、そのオブジェクトには数値の ID が割り当てられます。ID は、オブジェクトを保管領域から復元または削除するなど、オブジェクトに対して処理を実行する場合に使用されます。

保管領域にあるオブジェクトの ID を表示するには、次のコマンドを実行します:

kesl-control -B --query

オブジェクト ID は ObjectId 文字列に表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。