Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

Web コンソール、Cloud コンソールへのログインとログアウト

2023年3月3日

ID 202114

Kaspersky Security Center Web コンソール

Web コンソールにログインするには、Web コンソールのインストール時に指定した管理サーバーの URL とポート番号が必要です(ポート 8080 が既定で使用されます)。ブラウザーで JavaScript を有効にしておくことも必要です。

Web コンソールにログインするには:

  1. ブラウザーで、「<管理サーバーのアドレス>:<ポート番号>」にアクセスします。

    ログインページが表示されます。

  2. アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。

    パスワードの複雑性とブルートフォース攻撃防止メカニズムにより、6か月以内にパスワードが推測できないようにすることを推奨します。

  3. ログイン]をクリックします。

    管理サーバーが応答しないか不正確な認証情報を入力した場合、エラーメッセージが表示されます。

ログインすると、前回使用した言語とテーマを適用したダッシュボードが表示されます。

Web コンソールのインターフェイスの詳細は、Kaspersky Security Center のヘルプを参照してください。

Web コンソールからログアウトするには:

画面の左下隅で、[<アカウント名>]→[終了]の順に選択します。

Web コンソールが終了し、ログインページが表示されます。

Kaspersky Security Center Cloud コンソール

Kaspersky Security Center Cloud コンソールの場合、Web トークンを使用して Cloud コンソールのポータルでアカウントにログインします。

Kaspersky Security Center Cloud コンソールの詳細は、Kaspersky Security Center Cloud コンソールのヘルプを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。