Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

[<除外範囲名>]ウィンドウ

2023年3月3日

ID 202411

このウィンドウでは、システム変更監視コンポーネントの監視除外範囲の追加や設定ができます。

監視除外範囲の設定

設定

説明

除外範囲名

除外範囲の名前を入力するフィールド。この名前は、[除外範囲]ウィンドウの表で表示されます。この入力フィールドを空白のままにすることはできません。

この範囲を使用する

このチェックボックスでは、アプリケーションの実行時にこの範囲を監視から除外するかどうかを選択します。

このチェックボックスをオンにすると、コンポーネントの動作時に、アプリケーションはこの範囲を監視から除外します。

このチェックボックスをオフにすると、アプリケーションはコンポーネントの動作時にこの範囲を監視します。このチェックボックスをオンにすることにより、この範囲を監視から後で除外することができます。

既定では、このチェックボックスはオンです。

ファイルシステム、アクセスプロトコル、パス

除外範囲に追加するローカルディレクトリのパスの入力フィールドです。このフィールドを空白のままにすることはできません。

/」パスは既定で指定されています。この指定により、ローカルファイルシステムのすべてのディレクトリがスキャンから除外されます。

マスク

このリストには、監視から除外するオブジェクト名のマスクが含まれます。

既定では、すべてのオブジェクトを示すマスク「*」がリストに含まれています。

マスクは、追加編集削除できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。