Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

アプリケーションコントロール

2023年3月3日

ID 246002

アプリケーションコントロールタスクの実行中は、Kaspersky Endpoint Security は、ユーザーのデバイスでアプリケーションの起動を制御します。これは、アプリケーションへのアクセスを制限することにより、デバイスの感染リスクを軽減するのに役立ちます。アプリケーションの起動は、アプリ管理ルールによって制限されます。

このコンポーネントを使用するには、対応する機能を含むライセンスが必要です。

この機能は、KESL コンテナではサポートされていません。

アプリケーションコントロールは、2 つのモードで動作できます:

  • 拒否リスト:このモードでは、Kaspersky Endpoint Security は、すべてのユーザーがアプリ管理ルールで指定されていないアプリケーションを起動できるようにします。これは、アプリケーションコントロールコンポーネントの既定の操作モードです。
  • 許可リスト:このモードでは、Kaspersky Endpoint Security は、すべてのユーザーがアプリ管理ルールで指定されていないアプリケーションは起動できないようにします。

アプリケーションコントロールの操作モードごとに、個別のルールを作成し、処理を指定できます:ルールを適用ルールをテスト。アプリケーションを起動の試行を検出すると、この処理が実行されます。

アプリケーションコントロールの設定について、次の表で説明します。

アプリケーションコントロールの設定

設定

説明

アプリケーションコントロールを有効にする

このチェックボックスは、アプリケーションコントロールを有効にします。

既定では、このチェックボックスはオフです。

アプリケーションの起動時の処理

設定済みルールと一致する、アプリケーションの起動の試行を検知した場合に Kaspersky Endpoint Security が実行する処理:

  • ルールを適用(既定値):このオプションをオンにすると、Kaspersky Endpoint Security はアプリ管理ルールを適用し、ルールで指定された処理を実行します。
  • ルールをテスト:このオプションをオンにすると、ルールがテストされ、ルールに一致するアプリケーションの検出に関するイベントが生成されます。

アプリケーションコントロールのモード

アプリケーションコントロールタスクの操作モード:

  • 許可リスト:このオプションをオンにすると、Kaspersky Endpoint Security は、すべてのユーザーがアプリ管理ルールで指定されているものを除いた、すべてのアプリケーションを起動できないようにします。
  • 拒否リスト(既定値):このオプションをオンにすると、Kaspersky Endpoint Security は、すべてのユーザーがアプリ管理ルールで指定されているものを除いた、すべてのアプリケーションを起動できるようにします。

アプリケーションコントロールルール

この設定グループには、[設定]が含まれています。このボタンをクリックすると、[アプリケーションコントロールルール]ウィンドウが表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。