Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

Kaspersky Security Network

2023年3月3日

ID 246798

Kaspersky Endpoint Security は、デバイスとユーザーデータの保護を強化するために、Kaspersky Lab のクラウド型ナレッジベース Kaspersky Security Network(KSN)を使用して、ファイル、インターネットリソース、ソフトウェアのレピュテーションをチェックできます。Kaspersky Security Network のデータを使用することで、様々な脅威への迅速な対応、保護コンポーネントの高い性能、誤検知の減少を実現しています。

Kaspersky Endpoint Security は、Kaspersky Lab のレピュテーションデータベースと連携するために、次のインフラストラクチャーソリューションをサポートしています:

  • Kaspersky Security Network(KSN)- Kaspersky Lab から情報を受け取り、ユーザーデバイスで検知されたオブジェクトのデータを、Kaspersky Lab のアナリストによる追加検証を受けるために Kaspersky Lab に送信したり、レピュテーションデータベースや統計情報データベースに追加したりするソリューションです。
  • Kaspersky Private Security Network(KPSN)- Kaspersky Endpoint Security がインストールされたデバイスのユーザーが、デバイスから Kaspersky Lab にデータを送信することなく、Kaspersky Lab のレピュテーションデータベースやその他の統計データにアクセスできるようにするソリューションです。KPSN は、次のような理由で Kaspersky Security Network を利用できない法人のお客様向けに設計されています:
    • 現地の職場がインターネットに接続されていない
    • 国外または組織のローカルネットワーク外にデータを送信することが法律上禁止されている、または企業のセキュリティ上制限されています

Kaspersky Endpoint Security ライセンスの変更後、KPSN を使用できるようにするために、新しいライセンスの詳細をサービスプロバイダーに送信します。そうしないと認証エラーが発生し、KPSN とのデータ交換ができなくなります。

Kaspersky Security Network の使用は任意です。Kaspersky Endpoint Security では、インストール時に KSN を使用することを推奨しています。KSN の使用はいつでも開始または停止ができます。

KSN を利用するには、2 つの選択肢があります:

  • KSN(統計情報を共有)(拡張 KSN モード)- Kaspersky Lab のナレッジベースから情報を受け取ることができ、Kaspersky Endpoint Security は動作中に得た統計情報を自動的に KSN に送信します。また、本製品は、侵入者がデバイスやデータに損害を与えるために使用する可能性がある特定のファイル(またはファイルの一部)を詳細にスキャンするためにカスペルスキーへ送信することもできます。
  • KSN(統計情報の送信なし)- Kaspersky Lab ナレッジベースから情報を受信することができ、Kaspersky Endpoint Security は、匿名の統計情報や脅威の種別や発生源に関するデータを送信しません。

Kaspersky Security Network の使用はいつでも開始または停止ができます。[編集]をクリックすると、別の Kaspersky Security Network 使用オプションを選択できます。

個人情報の収集、処理、保存は行われません。KSN への参加中に生成された統計情報の保存や破棄、さらにカスペルスキーへの送信に関する詳細情報は、Kaspersky Security Network に関する声明およびカスペルスキーの Web サイトで確認できます。

Kaspersky Security Network に関する声明」の本文は、[Kaspersky Security Network に関する声明]をクリックして表示される[Kaspersky Security Network に関する声明]ウィンドウで読むことができます。

Kaspersky Security Center 管理サーバーによって管理されるユーザーデバイスは、KSN プロキシサーバーサービスを使用して KSN と対話できます。KSN プロキシサーバー設定は、Kaspersky Security Center 管理サーバーのプロパティで設定できます。KSN プロキシサーバーサービスの詳細は、Kaspersky Security Center のヘルプを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。