Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

[Kaspersky Security Center のライセンス保管領域]ウィンドウ

2023年3月3日

ID 247237

このウィンドウでは、Kaspersky Security Center ライセンス保管領域に追加されたライセンスを選択すること、および Kaspersky Security Center ライセンス保管領域にライセンスを追加することができます。

[Kaspersky Security Center ライセンス保管領域の設定]ウィンドウ

設定

説明

ライセンステーブル

この表には、Kaspersky Security Center ライセンス保管領域に追加されたライセンスが表示されており、次の列で構成されています:

  • ライセンス種別:試用版、製品版、定額制サービスのいずれか。
  • 有効期限:このライセンスによってアクティベートされた製品の有効期限。
  • 猶予期間:猶予期間。
  • 制限:本製品が保護できるコンピューターの最大数が表示されます。
  • アプリケーション名:ライセンスが追加された製品の名前。
  • ライセンス - 一意の英数字文字列。

ライセンスの追加

このボタンをクリックすると、[ライセンス追加ウィザード]が起動されます。ライセンスは Kaspersky Security Center ライセンス保管領域に追加されます。ライセンスを追加すると、その情報がライセンステーブルに表示されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。