Kaspersky Endpoint Security 11 for Linux

本製品のインストール

2023年3月3日

ID 248501

Kaspersky Endpoint Security をインストールする前に、インストールの準備をする必要があります。

このシナリオは、Kaspersky Endpoint Security のインストールと初期設定の実行方法、Kaspersky Security Center ネットワークエージェントのインストール方法、Kaspersky Endpoint Security 管理プラグインのインストール方法を説明しています。

Kaspersky Endpoint Security と Kaspersky Security Center のインストールと初期設定を、順を追って実行します:

  1. ネットワークエージェントのインストールと初期設定

    Kaspersky Security Center を使用して Kaspersky Endpoint Security を管理することを計画している場合、Kaspersky Security Center ネットワークエージェントをインストールし、設定を編集します

  2. Kaspersky Endpoint Security 管理プラグインのインストール

    Kaspersky Security Center を使用して Kaspersky Endpoint Security を管理することを計画している場合、Kaspersky Security Center との対話に使用する管理コンソールの種別に応じた Kaspersky Endpoint Security 管理プラグインをインストールします。

    • Kaspersky Endpoint Security MMC 管理プラグインを使用すると、Kaspersky Security Center 管理コンソールを使用して本製品を管理できます。
    • Kaspersky Endpoint Security Web 管理プラグインを使用すると、Kaspersky Security Center Cloud コンソールと Kaspersky Security Center Web コンソールを使用して本製品を管理できます。
  3. 製品パッケージとグラフィカルユーザーインターフェイスのインストール

    Kaspersky Endpoint Security とグラフィカルユーザーインターフェイスは、DEB および RPM 形式のパッケージで配布されます。Kaspersky Endpoint Security と、必要に応じてグラフィカルユーザーインターフェイスを適切な形式のパッケージからインストールします。

    コマンドラインを使用するか、管理コンソールまたは Kaspersky Security Center Web コンソールのいずれかで Kaspersky Security Center を使用して、アプリケーションをインストールできます。

  4. Kaspersky Endpoint Security の初期設定

    クライアントデバイスの保護をオンにするために、初期設定を行う必要があります。

    Kaspersky Endpoint Security をコマンドラインを使用してインストールした場合、初期設定スクリプトを実行するか、初期設定を自動モードで実行します。

    Kaspersky Security Center を使用して Kaspersky Endpoint Security をインストールした場合、[使用の開始手順]へ移動し、本製品をアクティベートします

このヘルプセクションの内容

コマンドラインを使用した本製品の導入

Kaspersky Security Center ネットワークエージェントのインストールと設定

Kaspersky Endpoint Security 管理プラグインのインストール

Kaspersky Security Center を使用した本製品の導入

閉鎖ソフトウェア環境モードの Astra Linux での本製品の実行

SELinux システムの permissive ルールの設定

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。