Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 

 

Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server

 
 
 

トラブルシューティング

UDS を有効にすると未スキャンのメールのキューが増大する理由
id: 9015
 
 
Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server のトレースファイル取得方法
id: 9099
 
 
ドキュメントの誤記:破損したオブジェクトを含むメールの件名に追加するタグ設定
id: 10676
 
 
Kaspersky Security CenterがKaspersky Security 8 for Linux Mail Serverの管理用グループを自動的に作成する
id: 9983
 
 
Kaspersky Security 8 for Linux Mail Server の Web インターフェイス接続時に「接続できません」というエラーが発生する
id: 10697
 
 
Systemdを使用しているオペレーティングシステムでexim dlfuncを使用するときに発生する問題
id: 13883
 
 
RHELベースのLinuxで Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server の定義データベースのアップデートが失敗する。
id: 11563
 
 
非推奨設定:メッセージ処理設定ルールで”元メッセージを添付して通知”を指定した場合の危険性
id: 9982
 
 
64 ビット版 Linuxに Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server をインストールするときに「Can't exec "/opt/kaspersky/klms/libexec/generate_uuid"」というエラーが表示される
id: 9906
 
 
アンチスパム隔離と受信メールキューの間でメッセージのループが発生した場合の対処法
id: 9633
 
 
バックアップからメッセージを配信できない
id: 9967
 
 
Webインターフェイスの接続URL がHTTPSではない場合、Kaspersky Security CenterからWebインターフェイスへアクセスできない
id: 9973
 
 
Exim と before-queue を統合した場合にメッセージを送信できない
id: 9968
 
 

 
 

このサイトへのフィードバック

サイトのデザインに関するご感想や、問題点などをご報告ください。

サイトへのフィードバックを送信 サイトへのフィードバックを送信

ありがとうございます!

お寄せ頂きましたフィードバックは、今後のサイトの改善に役立てて参ります。