クライアントデバイスのリモートでの起動、停止、再起動

2024年5月20日

ID 10304

Kaspersky Security Center Linux では、クライアントデバイスをリモートで管理できます(起動、停止、再起動)。

クライアントデバイスをリモートで管理するには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[タスク]の順に移動します。
  2. 追加]をクリックします。

    新規タスクウィザードが起動します。

  3. タスク種別]ドロップダウンリストから、[デバイスの管理]を選択します。
  4. タスクの適用対象として、1 つのオプションをオンにして管理グループ、デバイスの抽出、またはデバイスを指定します。
  5. コマンド(オン、オフ、または再起動)を選択します。必要に応じて、ユーザープロンプトメッセージと、電源オフおよび再起動コマンドの[セッションがブロックされたアプリケーションを強制終了するまで待機する時間(分)]をオンにします。
  6. 作成したタスクを実行します。

タスクの完了後、選択したデバイスでコマンド(起動、停止、再起動)が実行されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。