リモートインストールのための Windows デバイスの準備:Riprep ユーティリティ

2024年5月20日

ID 12883

次のような理由によって、クライアントデバイスへのリモートインストールでエラーが返されることがあります:

  • タスクが既に同じデバイスで正常に実行されている。この場合、タスクを再度実行する必要はありません。
  • タスクの開始時点でデバイスが停止していた。この場合、デバイスを起動して、タスクを再起動してください。
  • 管理サーバーと、クライアントデバイスにインストールされているネットワークエージェントとが接続されていない。原因を解明するには、クライアントデバイスのユーティリティ(klactgui)のリモート診断機能を使用してください。
  • ネットワークエージェントがデバイスにインストールされていない場合、リモートインストール時に次の問題が生じることがあります:
    • クライアントデバイスで[簡易ファイルの共有を無効にする]がオンになっている
    • サーバーのサービスがクライアントデバイスで実行されていない
    • クライアントデバイス上で必要なポートが閉じている
    • タスクの実行に使用されるアカウントに十分な権限がない

    ネットワークエージェントがインストールされていないクライアントデバイスへのアプリケーションのインストールで生じる問題を解決するために、リモートインストールのためにデバイスを準備するためのユーティリティ(riprep)を使用できます。

riprep ユーティリティを使用して、リモートインストール用に Windows デバイスを準備します。ユーティリティをダウンロードするには、次のリンクをクリックしてください:https://media.kaspersky.com/utilities/CorporateUtilities/KSC/riprep.exe

このユーティリティは Microsoft Windows XP Home Edition では動作しないので注意してください。

このセクションの内容

対話モードでのリモートインストール前の Windows デバイスの準備

Windows デバイスをサイレントモードでリモートインストールするための準備

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。