Kaspersky Security Center Linux コンポーネントとセキュリティ製品の対話:詳細

2024年5月20日

ID 158520

このセクションでは、Kaspersky Security Center Linux コンポーネントと管理アプリケーションの対話スキームについて説明します。このスキームには、使用可能にする必要があるポートの番号と、それらのポートを開くプロセスの名前が含まれます。

このセクションの内容

対話スキームで使用される表記規則

管理サーバーと DBMS

管理サーバーとクライアントデバイス:セキュリティ製品の管理

クライアントデバイスにあるソフトウェアをディストリビューションポイント経由でアップグレードする

管理サーバーの階層構造:プライマリ管理サーバーとセカンダリ管理サーバー

DMZ にセカンダリ管理サーバーを持っている管理サーバーの階層構造

ネットワークセグメント内に接続ゲートウェイを持つ管理サーバーとクライアントデバイス

DMZ に管理サーバーと 2 台のデバイス(接続ゲートウェイとクライアントデバイス)

管理サーバーと Kaspersky Security Center Web コンソール

関連項目:

はじめに

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。