クライアントデバイスにあるソフトウェアをディストリビューションポイント経由でアップグレードする

2024年5月20日

ID 158532

クライアントデバイスは、ポート 13000(ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用している場合は、13295 も)を使用して、ディストリビューションポイントへ接続します。ディストリビューションポイントは、ポート 15000 を使用してネットワークエージェントへのマルチキャストを実行します(下の図を参照)。アップデートとインストールパッケージは、ポート 15001 経由でディストリビューションポイントから受信されます。

クライアントデバイスにあるソフトウェアをディストリビューションポイント経由でアップグレードする

スキーマについては、下表を参照してください。

ソフトウェアをディストリビューションポイント経由でアップグレードする(トラフィック)

デバイス

ポート番号

ポートを開くプロセスの名前

プロトコル

ポートの目的

ネットワークエージェント

15000

klnagent

UDP

ネットワークエージェント用のマルチキャスト

ネットワークエージェント

15001

klnagent

UDP

ディストリビューションポイントからアップデートとインストールパッケージを受信する

ディストリビューションポイント

13000

klnagent

TCP (TLS)

ネットワークエージェントから接続を受信する

ディストリビューションポイント

13295

klnagent

TCP (TLS)

クライアントデバイスからの接続の受信(サーバープッシュ)

関連項目:

対話スキームで使用される表記規則

Kaspersky Security Center Linux コンポーネントとセキュリティ製品の対話:詳細

Kaspersky Security Center Linux で使用するポート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。