様々なシナリオでのトラフィック

2024年5月20日

ID 159734

次の表に、様々なシナリオでの管理サーバーと管理対象デバイスとの間のトラフィックに関する測定テストの結果を示します。

既定では、デバイスは 15 分に 1 回またはより長い間隔で管理サーバーと同期します。ただし、管理サーバーでポリシーやタスクの設定を変更した場合、そのポリシーまたはタスクが適用されるデバイスで事前に同期が実行され、新しい設定がデバイスに転送されます。

管理サーバーと管理対象デバイスとの間のトラフィック

シナリオ

管理サーバーから各管理対象デバイスへのトラフィック

各管理対象デバイスから管理サーバーへのトラフィック

アップデートされた定義データベースを使用した Kaspersky Endpoint Security for Linux のインストール

390 MB

3.3 MB

ネットワークエージェントのインストール

75 MB

397 KB

ネットワークエージェントと Kaspersky Endpoint Security for Linux の同時インストール

459 MB

3.6 MB

パッケージ内のデータベースをアップデートしない定義データベースの初回のアップデート(Kaspersky Security Network への参加が無効な場合)

113 MB

1.8 MB

定義データベースの定期アップデート(Kaspersky Security Network への参加が有効な場合)

22 MB

373 MB

デバイス上の定義データベースをアップデートする前の初回の同期(ポリシーとタスクの転送)

382 KB

446 KB

デバイス上の定義データベースをアップデートした後の初回の同期

20 KB

157 KB

管理サーバーに変更がない場合の同期(定期)

18 KB

23 KB

グループポリシーで 1 つの設定を変更した時の同期(変更直後)

19 KB

20 KB

グループタスクで 1 つの設定を変更した時の同期(変更直後)

14 KB

11 KB

強制同期

110 KB

109 KB

ウイルスの検知」イベント(1 件のウイルス)

44 KB

50 KB

ウイルスの検知」イベント(10 件のウイルス)

58 KB

77 KB

アプリケーションレジストリリストを有効にした後のワンタイムトラフィック

最大 10 KB

最大 12 KB

アプリケーションレジストリリストが有効になっている場合の毎日のトラフィック

最大 840 KB

最大 1 MB

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。