許可されるパスワード入力試行回数の変更

2024年5月20日

ID 175900

Kaspersky Security Center Linux のユーザーが無効なパスワードを入力できる回数には上限があります。入力回数が上限に達すると、ユーザーアカウントが 1 時間ブロックされます。

既定では、許可されるパスワードの入力試行回数の上限は 10 回です。このセクションの手順に従って、許可されるパスワード入力試行回数を変更できます。

許可されるパスワード入力試行回数を変更するには:

  1. 管理サーバーデバイスで、Linux コマンドラインを実行します。
  2. klscflag ユーティリティ用に、次のコマンドを実行します:

    sudo /opt/kaspersky/ksc64/sbin/klscflag -fset -pv klserver -n SrvSplPpcLogonAttempts -t d -v N

    N はパスワードの入力試行回数です。

  3. 変更を適用するため、管理サーバーサービスを再起動します。

許可されるパスワードの入力試行回数の上限が変更されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。