ライセンスの自動配信

2024年5月20日

ID 180049

Kaspersky Security Center Linux では、管理サーバーのライセンスリポジトリにあるライセンスを管理対象デバイスに自動配信できます。

管理対象デバイスにライセンスを自動配信するには:

  1. メインメニューで、[操作]→[ライセンス管理]→[カスペルスキーのライセンス]の順に選択します。
  2. デバイスに自動配信するライセンスをクリックします。
  3. 表示されるライセンスのプロパティウィンドウで[管理対象デバイスにライセンスを自動的に配信する]をオンにします。
  4. 保存]をクリックします。

ライセンスは、互換性のあるすべてのデバイスに自動的に配信されます。

ライセンスはネットワークエージェント経由で配信されます。アプリケーションに対するライセンスの配信タスクは作成されません。

ライセンスが自動配信される際、デバイス数へのライセンスの制限が適用されます。ライセンスの制限は、ライセンスのプロパティで設定済みです。ライセンス数の上限に達した場合は、デバイスへの配信は自動的に停止します。

次の場合、自動的に配布されたライセンスが仮想管理サーバーのリポジトリに表示されない場合があることに注意してください:

  • ライセンスがアプリケーションに対して有効ではありません。
  • 仮想管理サーバーには管理対象デバイスがありません。
  • ライセンスは別の仮想管理サーバーによって管理されているデバイスに既に使用されており、デバイス数の制限に達しています。

仮想管理サーバーは、そのリポジトリと管理サーバーのリポジトリからライセンスを自動的に配布します。以下を推奨します。

  • ライセンスの追加タスクを使用して、デバイスに導入する必要があるライセンスを選択します。
  • 仮想管理サーバーの設定で、[この仮想管理サーバーからデバイスへのライセンスの自動配信を許可する]をオフにしないでください。オフにした場合、仮想管理サーバーは、管理サーバーリポジトリからのライセンスを含め、ライセンスをデバイスに配布しません。

ライセンスのプロパティウィンドウで[管理対象デバイスにライセンスを自動的に配信する]がオンになっている場合、ライセンスキーはネットワークにすぐに配布されます。このオプションをオンにしない場合は、後から手動でライセンスを配信することができます。

関連項目:

管理対象アプリケーションのライセンスの管理

ライセンスの管理サーバーリポジトリへの追加

ライセンスのクライアントデバイスへの配信

使用中のライセンスに関する情報の表示

ライセンス制限超過のイベント

リポジトリからのライセンスの削除

使用許諾契約書による同意の取り消し

カスペルスキー製品のライセンスの更新

マーケットプレイスを使用してカスペルスキーのビジネスソリューションを選択する

はじめに

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。