カスペルスキー製品の導入

2024年5月20日

ID 180069

このセクションでは、Kaspersky Security Center Web コンソールを使用して、企業ネットワーク内のクライアントデバイスにカスペルスキー製品を導入する方法について説明しています。

このセクションの内容

シナリオ:カスペルスキー製品の導入

カスペルスキー製品向けの管理プラグインの追加

カスペルスキー製品のインストールパッケージのダウンロードおよび作成

ファイルからのインストールパッケージの作成

スタンドアロンインストールパッケージの作成

カスタムインストールパッケージのデータサイズの上限の変更

Linux 用ネットワークエージェントのサイレントモードでのインストール(応答ファイルを使用)

ネットワークエージェントをインストールするために、閉鎖ソフトウェア環境モードで Astra Linux を実行しているデバイスを準備します

スタンドアロンインストールパッケージのリストの表示

セカンダリ管理サーバーへのインストールパッケージの配布

Linux デバイスの準備と Linux デバイスへのネットワークエージェントのリモートインストール

リモートインストールタスクを使用したアプリケーションのインストール

Unix デバイスのリモートインストールを設定する

サードパーティのセキュリティ製品からの移行とアンインストールの実施

アプリケーションまたはソフトウェアのアップデートのリモートでの削除

ネットワークエージェントをインストールする SUSE Linux Enterprise Server 15 デバイスの準備

リモートインストールのための Windows デバイスの準備:Riprep ユーティリティ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。