管理サーバーが DMZ 内にありインターネット経由で管理対象デバイスに接続している構成

2024年5月20日

ID 183041

次の図は、管理サーバーが DMZ(非武装地帯)内にあり管理対象デバイスにインターネット経由で接続している場合のデータトラフィックの流れを示しています。

管理サーバーが非武装地帯にある場合のデータトラフィック。ローミングラップトップと管理者のデバイスがインターネット上にあります。

管理サーバーが DMZ 内にありインターネット経由で管理対象のモバイルデバイスに接続している構成

この図の構成では、接続ゲートウェイは使用されておらず、モバイルデバイスが管理サーバーに直接接続されています。

矢印の向きはトラフィックの流れを示しており、接続を開始するデバイスから接続要求に応答するデバイスに向けて矢印が引かれています。矢印の線に添えて、データの転送に使用されたポートの番号とプロトコルが示されています。また、矢印には黄色の丸数字が添えられています。それぞれのデータトラフィックの内容について詳しくは、各数字に対応する次の説明を参照してください:

  1. 管理サーバーがデータベースにデータを送信します。管理サーバーとデータベースを異なるデバイス上にインストールする場合、データベースを配置したデバイス上で必要なポートを使用可能な状態に設定する必要があります(例:MySQL Server または MariaDB Server 用のポート 3306、または PostgreSQL サーバーと Postgres Pro サーバーの場合はポート 5432)。関連する情報については、DBMS のドキュメントを参照してください。
  2. 管理サーバーからの通信リクエストは、モバイルデバイス以外のすべての管理対象デバイスに対して UDP ポート 15000 で送信されます。

    ネットワークエージェントは、1 つのブロードキャストドメイン内で相互にリクエストを送信します。その後、データは管理サーバーに送信され、ブロードキャストドメインの制限の定義およびディストリビューションポイントの自動割り当てに使用されます(このオプションが有効な場合)。

    管理サーバーが管理対象デバイスに直接アクセスできない場合、管理サーバーからこれらのデバイスへの通信リクエストは直接送信されません。

  3. 管理対象デバイスのシャットダウンに関する情報は UDP ポート 13000 でネットワークエージェントから管理サーバーに転送されます。
  4. ネットワークエージェントセカンダリ管理サーバーから管理サーバーへの接続は SSL ポート 13000 で受信します。

    Kaspersky Security Center の以前のバージョンを使用している場合、ネットワーク上の管理サーバーがネットワークエージェントからの接続を非 SSL のポート 14000 で受信する場合があります。Kaspersky Security Center Linux もポート 14000 を使用したネットワークエージェントとの接続をサポートしていますが、SSL ポート 13000 の使用が推奨されます。

    4a.DMZ 内の接続ゲートウェイは、SSL ポート 13000 を使用して管理サーバーからの接続も受信します。DMZ 内の接続ゲートウェイは管理サーバーのポートに到達できないため、管理サーバーは接続ゲートウェイとの永続的な信号接続を作成して維持します。信号接続はデータ転送には使用されません。これは、ネットワーク対話への招待の送信にのみ使用されます。接続ゲートウェイがサーバーに接続する必要がある場合、接続ゲートウェイはこの信号接続を介してサーバーに通知し、サーバーはデータ転送に必要な接続を作成します。

    モバイルデバイスは、SSL ポート 13000 を介して接続ゲートウェイにも接続します。

  5. 管理対象デバイス(モバイルデバイス以外)は TCP ポート 17000 でアクティベーションを要求します。管理対象デバイスがインターネットに接続できる環境にある場合、デバイスはインターネット経由でカスペルスキーのサーバーに直接データを送信するので、このポートでの通信は必要ありません。
  6. Kaspersky Security Center Web コンソールと管理デバイスは同じデバイスまたは別々のデバイスにインストールすることができますが、異なるデバイスにインストールした場合、Web コンソールは管理サーバーに TLS ポート 13299 でデータを送信します。

    6a.(Web コンソールがインストールされているのとは異なる)管理者用のデバイスにインストールされている Web ブラウザーからのデータは、Kaspersky Security Center Web コンソールサーバーに TLS 8080 ポートで送信されます。Kaspersky Security Center Web コンソールサーバーは管理サーバーと同じデバイスにインストールすることも、別のデバイスにインストールすることもできます。

  7. 1 台のデバイス内でのアプリケーション間でのデータ交換(管理サーバー内、または管理対象デバイス内)。このデータの流れに対して外部ポートを開く必要はありません。
  8. KSN データやライセンスに関する情報などの管理サーバーからカスペルスキーのサーバーへのデータの送信、および製品アップデートや定義データベースアップデートなどのカスペルスキーのサーバーから管理サーバーへのデータの送信には、HTTPS プロトコルが使用されます。

    管理サーバーをインターネットに接続しない場合、これらのデータを手動でやり取りする必要があります。

  9. 管理対象デバイスから、管理サーバーと同じデバイス上の Web サーバーへのパッケージ要求の送信。

関連項目:

Kaspersky Security Center Linux で使用するポート

インターネットアクセス:DMZ 内の管理サーバー

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。