不正な変更からのユーザーアカウントの保護を有効にする

2024年5月20日

ID 211163

追加のオプションを有効にして不正な変更からのユーザーアカウントの保護を有効にすることができます。このオプションをオンにすると、ユーザーアカウントの編集にはユーザー認証が要求されます。

不正な変更からのユーザーアカウントの保護を有効または無効にする

  1. メインメニューで、[ユーザーとロール]→[ユーザーとグループ]の順に移動し、[ユーザー]タブを選択します。
  2. 不正な変更からの保護を指定する内部ユーザーアカウントの名前をクリックします。
  3. ユーザー設定ウィンドウが表示されたら、[認証セキュリティ]を選択します。
  4. 認証セキュリティ]タブで、アカウント設定が変更または修正されるたびに認証情報を要求する場合は、[認証を要求してこのアカウントの変更権限をチェックする]をオンにします。そうでない場合は、[追加の認証なしでのこのアカウントの変更をユーザーに対して許可する]をオンにします。
  5. 保存]をクリックします。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。