プッシュサーバーの有効化

2024年5月20日

ID 214620

Kaspersky Security Center Linux で、ディストリビューションポイントをモバイルプロトコルを使用して管理されているデバイスおよび Network Agent により管理されているデバイスのプッシュサーバーとして動作させることができます。たとえば、KasperskyOS デバイスと管理サーバー間の強制同期を実行可能にする時に、プッシュサーバーを有効にする必要があります。プッシュサーバーの管理デバイスの範囲は、プッシュサーバーを有効にするディストリビューションポイントの範囲と同じです。同一の管理グループに複数のディストリビューションポイントを割り当てている場合は、各ディストリビューションポイントに対してプッシュサーバーを有効に設定できます。この場合、管理サーバーはディストリビューション間の負荷を分散します。

ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用して、管理対象デバイスと管理サーバー間の継続的な接続を確認できます。ローカルタスクの実行と停止、管理対象アプリケーションの統計の受信、トンネルの作成など、一部の操作には継続的な接続が必要です。ディストリビューションポイントをプッシュサーバーとして使用する場合は、管理対象デバイスで[管理サーバーから切断しない]をオンにしたり、ネットワークエージェントの UDP ポートにパケットを送信したりする必要はありません。

プッシュサーバーは、最大 50,000 件の同時接続の負荷をサポートします。

ディストリビューションポイントでプッシュサーバーを有効にするには:

  1. メインメニューで、目的の管理サーバーの名前の横にある設定アイコン()をクリックします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウが開きます。

  2. 全般]タブで、[ディストリビューションポイント]セクションを選択します。
  3. プッシュサーバーを有効にするディストリビューションポイントの名前をクリックします。

    ディストリビューションポイントのプロパティウィンドウが開きます。

  4. 全般]セクションで、[プッシュサーバーを実行]をオンにします。
  5. プッシュサーバーのポート]フィールドで、ポート番号を入力します。使用されていないポートの番号を入力できます。
  6. リモートホストのアドレス]フィールドで、ディストリビューションポイントデバイスの IP アドレスまたは名前を指定します。
  7. OK]をクリックします。

選択したディストリビューションポイントでプッシュサーバーが有効になります。

関連項目:

強制同期

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。