インストールファイルを使用した Kaspersky Security Center Linux のアップグレード

2024年5月20日

ID 234896

管理サーバーを旧バージョン(バージョン 13 以降)からバージョン 15 にアップグレードするには、Kaspersky Security Center Linux インストールファイルを使用して、旧バージョンに新しいバージョンを上書きインストールできます。

インストールファイルを使用して旧バージョンの管理サーバーをバージョン 15 にアップグレードするには:

  1. カスペルスキーの Web サイトから、バージョン 15 の完全なパッケージを含む Kaspersky Security Center Linux インストールファイルをダウンロードします:
    • RPM ベースのオペレーティングシステムを実行しているデバイスの場合 — ksc64-<バージョン番号>.x86_64.rpm
    • Debian ベースのオペレーティングシステムを実行しているデバイスの場合 — ksc64_<バージョン番号>_amd64.deb
  2. 管理サーバーで使用するパッケージマネージャーを使用して、インストールパッケージをアップグレードします。たとえば、ルート権限を持つアカウントで、コマンドラインターミナルを使用して次のコマンドを使用できます:
    • RPM ベースのオペレーティングシステムのデバイスの場合:

      $ sudo rpm -Uvh --nodeps --force ksc64-<バージョン番号>.x86_64.rpm

    • Debian ベースのオペレーティングシステムのデバイスの場合:

      $ sudo dpkg -i ksc64_<バージョン番号>_amd64.deb

    コマンドが正常に実行されると、/opt/kaspersky/ksc64/lib/bin/setup/postinstall.pl スクリプトが作成されます。これに関するメッセージがターミナルに表示されます。

  3. アップグレードされた管理サーバーを設定するには、/opt/kaspersky/ksc64/lib/bin/setup/postinstall.pl スクリプトを実行します。
  4. コマンドラインターミナルに表示される使用許諾契約書とプライバシーポリシーを読みます。使用許諾契約書とプライバシーポリシーの諸条件すべてに同意する場合:
    1. 「Y」と入力して、EULA の諸条件をすべて読み、理解した上で条項に同意することを確認します。
    2. 「Y」ともう一度入力して、データの取り扱い方法を記載しているプライバシーポリシーをすべて読み、理解した上で条項に同意することを確認します。

    「Y」と 2 回入力すると、製品のデバイスへのインストールが続行されます。

  5. 「1」と入力して、管理サーバーの標準インストールモードを選択します。

    下の図は、最後の 2 つの手順を示しています。

    「Y」と入力して EULA とプライバシーポリシーの条項に同意し、コマンドラインターミナルで管理サーバーのインストールモードを選択する

    EULA とプライバシーポリシーの条項に同意し、コマンドラインターミナルで管理サーバーの標準インストールモードを選択する

    次に、スクリプトにより管理サーバーのアップグレードが設定され、終了します。アップグレード中は、アップグレード前に変更した管理サーバーの設定は変更することができません。

  6. 旧バージョンのネットワークエージェントがインストールされているデバイスの場合は、新バージョンのネットワークエージェントのリモートインストールタスクを作成して実行します。

    Network Agent for Linux を Kaspersky Security Center Linux と同じバージョンにアップグレードすることを推奨します。

    リモートインストールタスクが完了すると、ネットワークエージェントのバージョンがアップグレードされます。

関連項目:

バックアップによる Kaspersky Security Center Linux のアップグレード

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。