バックアップによる Kaspersky Security Center Linux のアップグレード

2024年5月20日

ID 234897

管理サーバーを旧バージョン(バージョン 13 以降)からバージョン 15 にアップグレードするには、管理サーバーデータのバックアップを作成し、新しいバージョンの Kaspersky Security Center Linux をインストールした後でこのデータを復元します。インストール中に問題が発生した場合は、アップグレード操作の前に作成した管理サーバーデータのバックアップを使用して管理サーバーを前のバージョンに戻すことが可能です。

バックアップを使用して旧バージョンの管理サーバーをバージョン 15 にアップグレードするには:

  1. アップグレードする前に、旧バージョンのアプリケーションで管理サーバーデータをバックアップします。
  2. 旧バージョンの Kaspersky Security Center Linux をアンインストールします。
  3. 以前の管理サーバーに Kaspersky Security Center Linux バージョン 15 をインストールします。
  4. アップグレード前に作成したバックアップから管理サーバーデータを復元します。
  5. 旧バージョンのネットワークエージェントがインストールされているデバイスの場合は、新バージョンのネットワークエージェントのリモートインストールタスクを作成して実行します。

    Network Agent for Linux を Kaspersky Security Center Linux と同じバージョンにアップグレードすることを推奨します。

    リモートインストールタスクが完了すると、ネットワークエージェントのバージョンがアップグレードされます。

関連項目:

インストールファイルを使用した Kaspersky Security Center Linux のアップグレード

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。