タスクのインポート

2024年5月20日

ID 240815

すべて表示 | すべて非表示

Kaspersky Security Center Linux を使用すると、KLT ファイルからタスクをインポートできます。KLT ファイルには、エクスポートされたタスクとその設定が含まれています。

タスクをインポートするには:

  1. メインメニューで、[アセット(デバイス)]→[タスク]の順に移動します。
  2. インポート]をクリックします。
  3. 参照]をクリックして、インポートするタスクファイルを選択します。
  4. 開いたウィンドウで、KLT タスクファイルへのパスを指定して、[開く]をクリックします。選択できるタスクファイルは 1 つだけです。

    タスクの処理が始まります。

  5. タスクが正常に処理されたら、タスクを割り当てるデバイスを選択します。これには、次のいずれかのオプションを選択します:
    • 管理グループにタスクを割り当てる
    • デバイスのアドレスを手動で指定するか、リストからアドレスをインポートする
    • デバイスの抽出にタスクを割り当てる
  6. タスク範囲を指定します。
  7. 完了]をクリックしてタスクのインポートを完了します。

インポート結果の通知が表示されます。タスクが正常にインポートされた場合は、[詳細]をクリックして、タスクのプロパティを表示できます。

インポートが成功すると、タスクがタスクリストに表示されます。タスクの設定とスケジュールもインポートされます。タスクはスケジュールに従って開始されます。

新しくインポートされたタスクと同じ名前のタスクが既に存在している場合、インポートされたタスクの名前に、たとえば (1)(2) のようなインデックス「(<次の連番>)」が付きます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。