パブリック DNS サーバーへのアクセス

2024年5月20日

ID 242745

システム DNS を使用してカスペルスキーのサーバーにアクセスできない場合、Kaspersky Security Center Linux では、以下のパブリック DNS サーバーを次の順序で使用できます:

  1. Google Public DNS (8.8.8.8)
  2. Cloudflare DNS(1.1.1.1)
  3. Alibaba Cloud DNS(223.6.6.6)
  4. Quad9 DNS(9.9.9.9)
  5. CleanBrowsing(185.228.168.168)

DNS サーバーへの TCP/UDP 接続を確立するため、これらの DNS サーバーへの要求にはドメインアドレスと管理サーバーのパブリック IP アドレスが含まれる場合があります。Kaspersky Security Center Linux がパブリック DNS サーバーを使用している場合、データ処理は関連するサービスのプライバシーポリシーによって管理されます。

klscflag ユーティリティを使ってパブリック DNS の使用を設定するには、次の手順を実行します:

  1. コマンドラインを実行し、現在のディレクトリを klscflag ユーティリティのあるディレクトリに変更します。klscflag ユーティリティは、管理サーバーがインストールされているディレクトリにあります。既定のインストールパスは /opt/kaspersky/ksc64/sbin です。
  2. パブリック DNS の使用を無効にするには、root アカウントで次のコマンドを実行します:

    klscflag -fset -pv ".core/.independent" -s Transport -n ForceUseSystemDNS -t d -v 1

  3. パブリック DNS の使用を有効にするには、root コマンドで次のコマンドを実行します:

    klscflag -fset -pv ".core/.independent" -s Transport -n ForceUseSystemDNS -t d -v 0

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。