ハードニングガイド

2024年5月20日

ID 245736

Kaspersky Security Center Linux は、組織のネットワークの基本的な管理と保守の一元化を目的として設計されています。本製品は、管理者が組織のネットワークセキュリティレベルに関する詳細な情報にアクセスすることを可能にします。Kaspersky Security Center Linux では、カスペルスキー製品を使用することにより、構築されたすべての保護コンポーネントを設定することができます。

Kaspersky Security Center Linux 管理サーバーは、クライアントデバイスの保護管理に完全にアクセスでき、組織のセキュリティシステムを構成する最も重要なコンポーネントです。そのため、管理サーバーにはより強化された保護方法が必要です。

ハードニングガイドでは、Kaspersky Security Center Linux とそのコンポーネントの構成に関する推奨事項と機能について説明し、セキュリティ侵害のリスクを軽減することを目的としています。

ハードニングガイドには、次の情報が含まれています:

  • 管理サーバーアーキテクチャの選択
  • 管理サーバーへの安全な接続の設定
  • 管理サーバーにアクセスするためのアカウントの設定
  • 管理サーバーの保護管理
  • クライアントデバイスの保護管理
  • 管理対象アプリケーションの保護構成
  • 管理サーバーのメンテナンス
  • サードパーティ製品への情報の転送

このセクションの内容

管理サーバーの導入

接続の安全性

アカウントおよび認証

管理サーバーの保護管理

クライアントデバイスの保護管理

管理対象アプリケーションの保護構成

管理サーバーのメンテナンス

サードパーティシステムへのイベント転送

シナリオ:MySQL サーバーの認証

シナリオ:PostgreSQL サーバーの認証

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。