管理サーバーのメンテナンス

2024年5月20日

ID 245777

管理サーバーデータのバックアップコピー

データのバックアップにより、データを失うことなく管理サーバーのデータを復元することができます。

既定では、管理サーバーのインストール後にデータバックアップタスクが自動的に作成され、定期的に実行され、適切なディレクトリにバックアップが保存されます。

データバックアップタスクの設定は、次のように変更することができます:

  • バックアップ頻度が上がります
  • コピーを保存するための特別なディレクトリが指定されています
  • バックアップコピーのパスワードが変更されます

既定のディレクトリとは異なる特別なディレクトリにバックアップコピーを保存する場合は、このディレクトリのアクセス制御リスト(ACL)を制限することを推奨します。管理サーバーアカウントと管理サーバーデータベースのアカウントには、このディレクトリへの書き込みアクセス権が必要です。

管理サーバーのメンテナンス

管理サーバーのメンテナンス]により、データベースのボリュームを削減し、アプリケーションのパフォーマンスと操作の信頼性を向上させることができます。管理サーバーのメンテナンスは、少なくとも週に 1 回で実施することを推奨します。

管理サーバーのメンテナンスは、専用のタスクで実施されます。管理サーバーのメンテナンス時、次の処理が実行されます:

  • データベースにエラーがないか確認する
  • データベースインデックスを再編成する
  • データベースの統計情報をアップデート
  • データベースを縮小する(必要に応じて)

オペレーティングシステムのアップデートとサードパーティ製ソフトウェアのアップデートをインストール

オペレーティングシステムとサードパーティ製ソフトウェアのアップデートを管理サーバーデバイスに定期的にインストールすることを強く推奨します。

クライアントデバイスは管理サーバーへの継続的な接続を必要としないため、アップデートをインストール後に管理サーバーデバイスを再起動しても安全です。管理サーバーのダウンタイム中にクライアントデバイスに登録されたすべてのイベントは、接続が復元された後に管理サーバーに送信されます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。