管理サーバーの階層構造

2024年5月20日

ID 3304

管理サーバーは、階層に配置できます。各管理サーバーは、階層の同一ネスト上に複数のセカンダリ管理サーバー(「セカンダリサーバー」とも表記)を保持することも、複数のネストレベル上に複数のサーバーを保持することもできます。セカンダリ管理サーバーのネストレベルに制限はありません。プライマリ管理サーバーの管理グループには、すべてのセカンダリ管理サーバーのクライアントデバイスが含められます。このようにして、ネットワークの独立したセクションを、様々な管理サーバーを使用して管理できます。管理サーバーの管理には、プライマリ管理サーバーが使用されます。

階層で、Linux ベースの管理サーバーはプライマリサーバーとセカンダリサーバーのどちらとしても機能できます。Linux ベースのプライマリサーバーは、Linux ベースと Windows ベースのセカンダリサーバーの両方を管理できます。プライマリ Windows ベースのサーバーは、セカンダリ Linux ベースのサーバーを管理できます。

仮想管理サーバーはセカンダリ管理サーバーの特殊な例です。

管理サーバーの階層を使用して、次のことを実現できます:

  • (ネットワーク全体で 1 台の管理サーバーがインストールされている場合と比較して)管理サーバーの負荷を軽減する。
  • イントラネットのトラフィックを削減して、リモートオフィスとの通信を簡略化する。プライマリ管理サーバーとネットワーク上のすべてのデバイス(他の地域にあるデバイスも含む)との間で接続を確立する必要はありません。各ネットワークセグメントにセカンダリ管理サーバーをインストールし、セカンダリ管理サーバーの管理グループ内にデバイスを配置し、高速通信チャネルを使用してセカンダリ管理サーバーとプライマリ管理サーバー間の接続を確立すれば十分です。
  • アンチウイルスセキュリティ管理者間で、責任区分を明確にする。企業ネットワーク内のアンチウイルスセキュリティステータスの一元管理機能と監視機能も利用できます。
  • サービスプロバイダーによる Kaspersky Security Center の使用。サービスプロバイダーでインストールする必要があるのは、Kaspersky Security Center と Kaspersky Security Center Web コンソールのみです。サービスプロバイダーが様々な組織の多くのデバイスを管理するには、管理サーバーの階層にセカンダリ管理サーバー(仮想サーバーを含む)を追加します。

管理グループの階層に含まれる各デバイスは、1 台の管理サーバーにしか接続できません。デバイスから管理サーバーへの接続を個別に監視する必要があります。ネットワーク属性に基づいて様々な管理サーバーの管理グループ内でデバイスを検索する機能を使用してください。

関連項目:

管理サーバーの階層構造:プライマリ管理サーバーとセカンダリ管理サーバー

はじめに

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。