ネットワークエージェント

2024年5月20日

ID 3305

管理サーバーとデバイスとの対話は、Kaspersky Security Center Linux のコンポーネントのネットワークエージェントによって実行されます。ネットワークエージェントは、Kaspersky Security Center Linux を使用してカスペルスキー製品を管理するすべてのデバイスにインストールします。

ネットワークエージェントは、次の属性を持つサービスとしてデバイスにインストールされます:

  • 名称は「Kaspersky Security Center ネットワークエージェント」
  • オペレーティングシステムの起動時に自動実行される
  • ローカルシステムアカウントを使用する

ネットワークエージェントがインストールされたデバイスは「管理対象デバイス」または単に「デバイス」と呼ばれます。ネットワークエージェントは、次のいずれかのソースから取得できます:

  • 管理サーバーの保管領域のインストールパッケージ(管理サーバーをインストールしている必要があります)
  • カスペルスキーの Web サーバーにあるインストールパッケージ

管理サーバーをインストールすると、ネットワークエージェントのサーバーバージョンが管理サーバーとともに自動的にインストールされます。ただし、管理サーバーデバイスを他の管理対象デバイスとして管理するには、管理サーバーデバイス上で Linux 用ネットワークエージェントをインストールします。この場合、Linux 向けネットワークエージェントは、管理サーバーと一緒にインストールしたサーバー版のネットワークエージェントとは別にインストールされ、動作します。

ネットワークエージェントを起動するプロセスの名前は次の通りです:

  • klnagent64.service(64 ビットオペレーティングシステムの場合)
  • klnagent.service(32 ビットオペレーティングシステムの場合)

ネットワークエージェントによって管理対象デバイスと管理サーバーが同期します。同期間隔(「ハートビート」とも表記)を管理対象 10,000 台につき 15 分に設定することを推奨します。

関連項目:

ネットワークエージェントとセキュリティ製品の導入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。