管理対象のカスペルスキー製品のライセンス管理

2024年5月20日

ID 3612

このセクションでは、管理対象のカスペルスキー製品のライセンスを Kaspersky Security Center で操作する方法について説明します。

Kaspersky Security Center Linux では、クライアントデバイスにカスペルスキー製品のライセンスを一元的に配信し、使用状況の監視およびライセンスの更新を実行できます。

Kaspersky Security Center でライセンスを追加すると、ライセンスの設定が管理サーバーで保存されます。アプリケーションでは、この情報に基づいて、ライセンス使用レポートを生成し、ライセンスの有効期限と、ライセンスのプロパティで設定されるライセンスの制限事項の違反について管理者に通知します。ライセンス使用の通知の設定は管理サーバーで設定できます。

このセクションの内容

管理対象アプリケーションのライセンスの管理

ライセンスの管理サーバーリポジトリへの追加

ライセンスのクライアントデバイスへの配信

ライセンスの自動配信

使用中のライセンスに関する情報の表示

ライセンス制限超過のイベント

リポジトリからのライセンスの削除

使用許諾契約書による同意の取り消し

カスペルスキー製品のライセンスの更新

マーケットプレイスを使用してカスペルスキーの法人向けソリューションを選択する

関連項目:

はじめに

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。