ディストリビューションポイントの概要

2024年5月20日

ID 92244

ネットワークエージェントがインストールされたデバイスはディストリビューションポイントとして使用できます。このモードでは、ネットワークエージェントはアップデートを配布でき、アップデートは管理サーバーまたはカスペルスキーサーバーから取得できます。後者の場合は、ディストリビューションポイントのアップデートのダウンロードを構成します

組織ネットワークにディストリビューションポイントを導入する目的は次の通りです:

  • 管理サーバーの負荷の低減
  • トラフィックの最適化
  • 組織ネットワークで接続経路を確保しにくい場所にあるデバイスへの管理サーバーアクセスの提供。NAT の内側に構成したネットワークでディストリビューションポイント(管理サーバーに関して)を使用すると、管理サーバーは次の処理を実行できます:
    • IPv4 または IPv6 ネットワークの UDP を経由したデバイスへの通知の送信
    • IPv4 または IPv6 ネットワークの検索
    • 初期導入の実行
    • プッシュサーバーとしての動作

1 つの管理グループに対して、1 つのディストリビューションポイントが割り当てられます。この場合、ディストリビューションポイントの範囲には、管理グループとそのすべてのサブグループ内にあるすべてのデバイスが含まれます。ただし、ディストリビューションポイントとして動作しているデバイスは、割り当てられている管理グループに含まれていなくてもかまいません。

ディストリビューションポイントを接続ゲートウェイとして動作させることができます。この場合、ディストリビューションポイントの範囲内のデバイスは、管理サーバーと直接接続されずゲートウェイを介して接続されます。このモードは、管理サーバーと管理対象デバイスの間を直接には接続できない場合に有効です。

関連項目:

ディストリビューションポイントと接続ゲートウェイの調整

はじめに

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。