Kaspersky Security Center Linux でのリモートインストールタスクの概要

2024年5月20日

ID 92459

Kaspersky Security Center Linux には、アプリケーションをリモートインストールするための様々なメカニズムが用意されており、リモートインストールタスクとして実装されています(強制インストール、ハードドライブイメージのコピーによるインストール)。リモートインストールタスクは、特定のデバイスまたは選択したデバイスと指定した管理グループの両方に対して作成できます(このタスクは Kaspersky Security Center Web コンソールの[タスク]フォルダーに表示されます)。タスクを作成する際には、このタスク内にインストールする(ネットワークエージェントや別のアプリケーン用の)インストールパッケージを選択し、リモートインストール方法を定義するための特定の設定を指定することができます。さらに、リモートインストールタスクの作成と結果の監視に基づいた、リモートインストールウィザードも使用できます。

管理グループのタスクは、指定したグループに含まれるデバイスと、その管理グループ内のすべてのサブグループにあるすべてのデバイスの両方に影響を与えます。タスクは、対応する設定がそのタスク内で有効な場合、1 つのグループまたはそのサブグループのいずれかに含まれるセカンダリ管理サーバーのデバイスに対応しています。

特定のデバイスに対するタスクでは、タスクが開始された時点での選択内容に従って、実行ごとにクライアントデバイスのリストが更新されます。選択内容に、セカンダリ管理サーバーに接続されているデバイスが含まれている場合は、そのデバイスでもタスクが実行されます。これらの設定とインストール方法の詳細については、このセクションの後半を参照してください。

セカンダリ管理サーバーに接続されているデバイスでリモートインストールタスクの操作を正常に実行するには、対応するセカンダリ管理サーバーに対して前もって、タスクで使用するインストールパッケージをリレーしておく必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。