コンテンツが手動で追加されるアプリケーションカテゴリの作成

2024年3月18日

ID 154440

すべて表示 | すべて非表示

組織内で起動を許可またはブロックする実行ファイルのテンプレートとしての条件を、単独でまたは組み合わせて指定できます。一定の条件に一致する実行ファイルをまとめて管理するために、アプリケーションカテゴリを作成してアプリケーションコントロールの設定で使用できます。

コンテンツが手動で追加されるアプリケーションカテゴリを作成するには:

  1. コンソールツリーで、[詳細]フォルダーから[アプリケーションの管理]フォルダーに進み、[アプリケーションカテゴリ]サブフォルダーを選択します。
  2. 新しいカテゴリ]をクリックします。

    新規カテゴリウィザード]が起動します。[次へ]をクリックしながらウィザードに沿って手順を進めます。

  3. カテゴリ種別]ウィザードページで、ユーザーカテゴリタイプとして[手動で追加したコンテンツによるカテゴリ]をオンにします。
  4. アプリケーションカテゴリ名の入力]ウィザードページで、新しいアプリケーションカテゴリ名を入力します。
  5. カテゴリにアプリケーションを含める条件の設定]ページで、[追加]をクリックします。
  6. ドロップダウンリストで、関連する設定を指定します:
    • 実行ファイルのリストから
    • ファイルのプロパティ
    • フォルダーのファイルのメタデータ
    • フォルダーに含まれるファイルのチェックサム
    • フォルダー内のファイルの証明書
    • MSI インストーラーファイルのメタデータ
    • MSI インストーラーに含まれるファイルのチェックサム
    • KL カテゴリから選択
    • アプリケーションのパスを指定(マスクをサポート)
    • リポジトリから証明書を選択
    • ドライブ種別
  7. アプリケーションカテゴリの作成]ウィザードページで、[終了]をクリックします。

    Kaspersky Security Center は、デジタルで署名されたファイルからのメタデータのみを取り扱います。デジタル署名を含まないファイルからのメタデータに基づいたカテゴリは作成されません。

ウィザードが完了するとアプリケーションカテゴリが作成され、コンテンツが手動で追加されます。[アプリケーションカテゴリ]フォルダーの作業領域のカテゴリリストを使用して、新しく作成したカテゴリを確認できます。

関連項目:

シナリオ:アプリケーションの管理

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。