Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用

2024年2月14日

ID 154857

既定では、ダウンロードされたあらゆるアップデートとパッチが、次のアプリケーションコンポーネントに自動インストールされます:

  • Windows 用のネットワークエージェント
  • 管理コンソール
  • Exchange モバイルデバイスサーバー
  • iOS MDM サーバー

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用は Windows を実行しているデバイスでのみ使用できます。これらのコンポーネントの自動アップデートとパッチを無効にできます。この場合、ダウンロードされたあらゆるアップデートとパッチは、アップデートとパッチのステータスを[承認]へ変更した後にインストールされます。[未定義]ステータスのアップデートとパッチはインストールされません。

関連項目:

Kaspersky Security Center コンポーネントの自動アップデートおよびパッチ適用の有効化と無効化

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。