Amazon RDS の利用

2024年2月14日

ID 174408

このセクションでは、Kaspersky Security Center 用の Amazon RDS データベースの準備、RDS データベースのオプショングループへの配置、RDS データベースを使用するための IAM ロールの作成、ストレージとして使用する S3 バケットの準備、既存データベースの RDS への移行で必要となる手順を説明します。

Amazon RDS(Relational Database Service)とは、AWS クラウド環境で AWS ユーザーがリレーショナルデータベースの設定、運用、規模の調整を行うための Web サービスです。必要に応じて、Kaspersky Security Center で Amazon RDS データベースを使用できます。

次のデータベースを使用できます:

  • Microsoft SQL Server
  • SQL Express Edition
  • Aurora MySQL 5.7
  • Standard MySQL 5.7

このセクションの内容

Amazon RDS インスタンスの作成

Amazon RDS インスタンス用のオプショングループの作成

オプショングループの変更

Amazon RDS データベースのインスタンスを使用するための IAM ロールの権限の変更

データベース用に使用する Amazon S3 バケットの準備

Amazon RDS へのデータベースの移行

関連項目:

シナリオ:クラウド環境への導入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。