イベントの保管期間の設定

2024年2月14日

ID 178622

Kaspersky Security Center では、管理サーバーと管理対象デバイスにインストールされた他のカスペルスキー製品の動作中に発生したイベントの情報を受信できます。イベントに関する情報は管理サーバーデータベースに保存されます。一部のイベントを既定値より長くまたは短く保管することが必要な場合があります。イベントの既定の保管期間を変更できます。

管理サーバーのデータベースに保存しなくてよいイベントがある場合は、管理サーバーポリシーとカスペルスキー製品ポリシー、または管理サーバーのプロパティ(管理サーバーのイベントのみ)で適切な設定を無効にできます。これにより、データベースに保存されるイベント種別の数を減らすことができます。

イベントの保管期間が長いほど、データベースが容量の上限に達するのが早くなります。一方で、イベントの保管期間が長いほど、より長い対象期間を設定して監視とレポートのタスクを実行できます。

管理サーバーデータベースへのイベントの保管期間を指定するには:

  1. メインメニューで、[デバイス]→[ポリシーとプロファイル]の順に移動します。
  2. 次のいずれかの手順を実行します:
    • ネットワークエージェントまたは管理対象カスペルスキー製品のイベントの保存期間を設定するには、対応するポリシーの名前をクリックします。

      ポリシーのプロパティページが表示されます。

    • 管理サーバーイベントを構成するには、メインメニューで、必要な管理サーバーの名前の横にある設定アイコン()をクリックします。

      管理サーバーのポリシーがある場合は、このポリシーの名前をクリックできます。

      管理サーバーのプロパティページまたは管理サーバーポリシーのプロパティページが表示されます。

  3. イベントの設定]タブを選択します。

    緊急]セクションのイベント種別のリストが表示されます。

  4. 機能エラー]、[警告]、[情報]のいずれかのセクションを選択します。
  5. 右側のペインのイベント種別のリストで、保存期間を変更するイベントのリンクをクリックします。

    表示されるウィンドウの[イベント登録]セクションで、[管理サーバーのデータベースに保存(日)]が有効になっています。

  6. このスイッチの下に、イベントを保存する日数を入力します。
  7. 管理サーバーのデータベースにイベントを保存しない場合は、[管理サーバーのデータベースに保存(日)]を無効にします。

    管理サーバーのプロパティウィンドウで管理サーバーのイベントを設定し、Kaspersky Security Center 管理サーバーのポリシーでイベントの設定がロックされている場合、この画面でイベントの保管期間を編集することはできません。

  8. OK]をクリックします。

    ポリシーのプロパティウィンドウが閉じます。

以降、選択した種別のイベントを管理サーバーが受け取ったイベントの保存期間は、変更した期間保存されるようになります。管理サーバーが以前受け取ったイベントの保存期間は変更されません。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。