ネットワーク接続されたデバイスの検出シナリオ

2024年3月18日

ID 179028

セキュリティ製品のインストール前にデバイスの検索を実行する必要があります。管理サーバーは、検出されたデバイスに関する情報を受け取り、ポリシーを通じてデバイスを管理することができるようにします。ネットワークで使用可能なデバイスのリストを更新するには、定期的なネットワークポーリングが必要です。

ネットワークポーリングを開始する前に、SMB プロトコルが有効になっていることを確認してください。有効でない場合、Kaspersky Security Center はポーリングされたネットワークでデバイスを検出できません。SMB プロトコルを有効にするには、オペレーティングシステムの指示に従ってください

ネットワーク接続されたデバイスの検出は、次の手順で進行します:

  1. デバイスの検出

    クイックスタートウィザードの説明に従って最初のデバイス検出を実行すると、コンピューター、タブレット、スマートフォンなどのネットワーク接続されたデバイスが検出されます。デバイスの検出は手動でも実行できます。

  2. ポーリングスケジュールを設定

    どのポーリングタイプを定期的に使用するかを決定します。目的のタイプを有効にして、ポーリングスケジュールを自由に設定することができます。「ネットワークポーリングの頻度に関する推奨事項」を参照してください。

  3. 検出されたデバイスを管理グループに追加するルールの設定(任意)

    ネットワーク内に新しいデバイスが追加された場合、これらのデバイスは定期的なポーリング中に検出され、[未割り当てデバイス]グループに含まれます。デバイスの移動ルールを設定することで、[管管理対象デバイスグループへのデバイスの割り当てを自動化することができます。また、[保持ルール]を確立することもできます。

    手順 3 をスキップすると、新しく検出されたデバイスは[未割り当てデバイス]グループに割り当てられます。必要に応じて、これらのデバイスを[管理対象デバイス]グループに手動で移動できます。デバイスを[管理対象デバイス]グループに手動で移動する場合、各デバイスの情報を分析し、管理グループに移動するかどうかや具体的にどの管理グループに移動するかを決定することができます。

結果

これらのステップがすべて完了すると、次の状態を実現できます:

  • Kaspersky Security Center 管理サーバーがネットワーク内のデバイスを検出し、その情報を利用できるようになります。
  • ポーリングのスケジュールが設定され、指定したスケジュールに従ってポーリングが実行されます。
  • 新しく検出されたデバイスは、設定されたルールに従って配置されます(または、ルールが設定されていない場合、デバイスは[未割り当てデバイス]グループに割り当てられたままになります)。

関連項目:

Kaspersky Security Center で使用するポート

Kaspersky Security Center コンポーネントとセキュリティ製品の対話の図解

基本概念

アーキテクチャ

Kaspersky Security Center Web コンソールのインストールと初期セットアップのシナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。