Kaspersky Security Center をクラウド環境に導入する場合の前提条件

2024年2月14日

ID 179139

Amazon Web Services または Microsoft Azure のクラウド環境への Kaspersky Security Center の導入を開始する前に、次の項目が準備できていることを確認します。

  • インターネットアクセス
  • 次のアカウントのいずれか:
    • Amazon Web Services アカウント(AWS で使用する場合)
    • Microsoft アカウント(Azure で使用する場合)
    • Google アカウント(Google Cloud で使用する場合)
  • 次のいずれか:
    • Kaspersky Security for Virtualization のライセンス
    • Kaspersky Hybrid Cloud Security のライセンス
    • 該当のライセンスを購入する予算(Kaspersky Security for Virtualization または Kaspersky Hybrid Cloud Security)
    • 月額制サービスを利用する予算
  • Kaspersky Endpoint Security for Linux と Kaspersky Security for Windows Server の最新バージョンのガイド

関連項目:

シナリオ:クラウド環境への導入

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。