ダウンロードされたアップデートの検証

2024年2月14日

ID 181095

すべて表示 | すべて非表示

管理対象デバイスにアップデートをインストールする前に、アップデート検証タスクを使用してアップデートの動作およびエラーがないかどうかを検証できます。アップデート検証タスクは、[管理サーバーのリポジトリへのアップデートのダウンロード]タスクの一部として自動的に実行されます。アップデート元からアップデートがダウンロードされて、一時リポジトリに保存された後、アップデート検証タスクが実行されます。タスクが正常に完了すると、一時リポジトリから管理サーバーの共有フォルダーにアップデートがコピーされます。アップデートのコピーは、管理サーバーがアップデート元として指定されているすべてのクライアントデバイスに配信されます。

アップデート検証タスクの結果、一時リポジトリにあるアップデートが正しくないことが判明した場合、またはアップデート検証タスクがエラーで終了した場合、それらのアップデートは共有フォルダーにコピーされません。管理サーバーでは、以前のアップデートが維持されます。また、スケジュール種別として[新しいアップデートがリポジトリにダウンロードされ次第]が指定されたタスクも開始されません。新しいアップデートのスキャンが正常に完了した場合、[管理サーバーのリポジトリへのアップデートのダウンロード]タスクの次の開始時に、それらのタスクが実行されます。

少なくとも 1 台のテストデバイスで次のいずれかの条件が当てはまる場合、アップデートは正しくないと判断されます:

  • アップデートタスクエラーが発生した
  • セキュリティ製品のリアルタイム保護のステータスがアップデートの適用後に変更された
  • オンデマンドスキャンタスクの実行中に、感染したオブジェクトが検知された
  • カスペルスキー製品の実行時にエラーが発生した

すべてのテストデバイスの場合に挙げられた条件が当てはまらない場合、そのアップデートは正常とみなされ、アップデート検証タスクは正常に終了したと判断されます。

アップデート検証タスクを作成する前に、次の前提条件を実行してください:

  1. 複数のテストデバイスで管理グループを作成する。このグループはアップデートの検証に必要になります。

    ネットワーク内で、最も信頼性の高い保護が適用されており、最も一般的なアプリケーション設定が行われているデバイスを使用してください。このアプローチにより、スキャン中のウイルス検知の精度が向上し、誤検知のリスクを最小限に抑えます。テストデバイスでウイルスが検知された場合、アップデート検証タスクは失敗と判断されます。

  2. Kaspersky Endpoint Security for Windows や Kaspersky Security for Windows Server など、Kaspersky Security Center のサポート対象のアプリケーション向けにアップデートおよびマルウェアスキャンタスクを作成します。アップデートおよびマルウェアスキャンタスクの作成時に、テストデバイスの管理グループを指定します。

    アップデート検証タスクは、順次テストデバイスでアップデートとマルウェアスキャンタスクを実行し、すべてのアップデートが有効であることを確認します。また、アップデート検証タスクの作成中にアップデートおよびマルウェアスキャンタスクを指定する必要があります。

  3. 管理サーバーのリポジトリへのアップデートのダウンロード]タスクをクリックします。

ダウンロードしたアップデートを、クライアントデバイスに配信する前に Kaspersky Security Center で検証するには:

  1. メインメニューで、[デバイス]→[タスク]の順に移動します。
  2. 管理サーバーのリポジトリへのアップデートのダウンロード]タスクをクリックします。
  3. タスクのプロパティウィンドウが開いたら、[アプリケーション設定]タブに移動し、[アップデートの検証の実行]オプションをオンにします。
  4. アップデート検証タスクがある場合は、[タスクの選択]をクリックします。表示されたウィンドウで、テストデバイスの管理グループでアップデート検証タスクを選択します。
  5. 事前にアップデート検証タスクを作成していなかった場合は、次の操作を実行します:
    1. 新規タスク]をクリックします。
    2. タスクの追加ウィザードが表示されるので、事前設定されたタスク名を変更する場合は名前を指定します。
    3. 事前に作成しておいたテストデバイスの管理グループを選択します。
    4. 最初に Kaspersky Security Center がサポートする必要なアプリケーションのアップデートタスクを選択し、次にマルウェアスキャンタスクを選択します。

      その後、次のオプションが表示されます。オプションはオンのままにしておくことを推奨します。

    5. アップデート検証タスクを実行するアカウントを指定します。自身のアカウントの使用も可能で、[既定のアカウント]オプションをオンのままにします。または、必要なアクセス権を持つ別のアカウントを指定してタスクを実行することもできます。この場合は[アカウントの指定]をオンにしてそのアカウントの資格情報を入力してください。
  6. 保存]をクリックして、[管理サーバーのリポジトリへのアップデートのダウンロード]タスクのプロパティウィンドウを閉じます。

アップデートの自動的な検証が有効になります。これで、[管理サーバーのリポジトリへのアップデートのダウンロード]タスクを実行できるようになりました。タスクはアップデートの検証から開始します。

関連項目:

シナリオ:定義データベースとカスペルスキー製品の定期的なアップデート

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。