KATA / KEDR Web コンソールへのアクセスの設定

2024年3月18日

ID 183402

KATA(Kaspersky Anti Targeted Attack)と KEDR(Kaspersky Endpoint Detection and Response)は Kaspersky Anti Targeted Attack Platform を構成する 2 つのコンポーネントです。Kaspersky Anti Targeted Attack Platform 用の Web コンソール(KATA / KEDR Web コンソール)を使用して、KATA と KEDR を管理できます。Kaspersky Security Center Web コンソールと KATA / KEDR Web コンソールの両方を使用している場合、Kaspersky Security Center Web コンソールのインターフェイスから KATA / KEDR Web コンソールに直接移動できるようにリンクを設定できます。

KATA / KEDR Web コンソールへのアクセスを設定するには:

  1. メインメニューで、[コンソールの設定]→[連携]の順にクリックします。
  2. 連携]タブで、[KATA]セクションを選択します。
  3. KATA/KEDR Web コンソールの URL を[KATA / KEDR Web コンソールの URL]に入力します。
  4. 保存]をクリックします。

製品のメインウィンドウに[高度な管理]ドロップダウンリストが追加されます。このメニューを使用して KATA / KEDR Web コンソールに移動できます。[次世代サイバーセキュリティ]をクリックすると、ブラウザーの新しいタブが開き、指定した URL が表示されます。

関連項目:

Kaspersky Security Center および管理対象セキュリティ製品のアップグレードのシナリオ

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。