サードパーティ製ソフトウェアのアップデートの拒否と承認

2024年3月18日

ID 183775

アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクを設定する際には、アップデートに特定のステータスが割り当てられていることをインストールの要件とするルールを作成できます。たとえば、次のようなステータスのアップデートのインストールのみを許可するようにルールを設定できます:

  • 承認済みのアップデートのみ
  • 承認済みのアップデートとステータスが未定義のアップデートのみ
  • すべてのアップデート(ステータスを考慮しない)

インストールする必要のあるアップデートを承認し、インストールしないアップデートを拒否します。

アップデートのインストールを管理するための「承認」ステータスの使用は、アップデート量が少ない場合に効率的です。複数のアップデートをインストールするには、[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクで構成できるルールを使用します。ルールで指定された基準を満たさない特定のアップデートに対してのみ、「承認」ステータスを設定することを推奨します。大量のアップデートを手動で承認すると、管理サーバーのパフォーマンスが低下し、サーバーが過負荷状態になる場合があります。

1 つ以上のアップデートを承認または拒否するには:

  1. メインメニューで、[操作]→[パッチの管理]→[ソフトウェアのアップデート]の順に移動します。

    適用可能なアップデートのリストが表示されます。

  2. 承認または拒否するアップデートを選択します。
  3. 選択したアップデートを承認する場合は[承認]を、拒否する場合は[承認却下]を選択します。

    既定値は[未定義]です。

選択したアップデートのステータスが、指定したステータスに変更されます。

オプションとして、特定のアップデートのプロパティで承認ステータスを変更できます。

プロパティでアップデートを承認または拒否するには:

  1. メインメニューで、[操作]→[パッチの管理]→[ソフトウェアのアップデート]の順に移動します。

    適用可能なアップデートのリストが表示されます。

  2. 承認または拒否するアップデートの名前をクリックします。

    アップデートのプロパティウィンドウが開きます。

  3. 全般]セクションで、[アップデート承認の状況]を変更してアップデートのステータスを選択します。[承認]、[承認却下]、または[未定義]のいずれかのステータスを選択できます。
  4. 保存]をクリックして変更を保存します。

選択したアップデートのステータスが、指定したステータスに変更されます。

サードパーティ製のソフトウェアアップデートに[拒否]ステータスを設定すると、このアップデートは、アップデートのインストールを予定しているがまだ完了していないデバイスにはインストールされません。アップデートをインストール済みのデバイスには、これらのアップデートがそのまま残ります。アップデートを削除する時は、手動でローカル削除できます。

関連項目:

シナリオ:サードパーティ製ソフトウェアのアップデート

[アップデートのインストールと脆弱性の修正]タスクの作成

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。