サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性へのユーザー修正の選択

2024年3月18日

ID 186529

脆弱性の修正]タスクを使用するには、タスクの設定で、サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性を修正するソフトウェアアップデートを手動で指定する必要があります。[脆弱性の修正]タスクでは、Microsoft 製品に対しては推奨される修正を、その他のサードパーティ製ソフトウェアに対すしてはユーザー修正をインストールして脆弱性を修正します。ユーザー修正は、脆弱性を修正するためにインストールするように管理者が手動で指定するソフトウェアアップデートです。

サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性へのユーザー修正を選択するには:

  1. メイン メニューで、[操作]→[パッチの管理]→[ソフトウェアの脆弱性]の順に移動します。

    クライアントデバイスで検知されたソフトウェア脆弱性のリストが表示されます。

  2. ソフトウェア脆弱性のリストで、ユーザー修正を適用するように指定する脆弱性の名前のリンクをクリックします。

    脆弱性のプロパティウィンドウが表示されます。

  3. 左側のペインで、[ユーザーによる修正とその他の修正]セクションを選択します。

    選択したソフトウェア脆弱性に対するユーザー修正のリストが表示されます。

  4. 追加]をクリックします。

    利用可能なインストールパッケージのリストが表示されます。ここで表示されるインストールパッケージのリストは、[操作]→[リポジトリ]→[インストールパッケージ]リストの順に移動して表示されるリストと同じものです。選択している脆弱性に対するユーザー修正を含んだインストールパッケージを作成していない場合、新規パッケージウィザードを起動してパッケージを作成できます。

  5. サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性に対するユーザー修正を含んだインストールパッケージを 1 つ以上選択します。
  6. 保存]をクリックします。

ソフトウェア脆弱性に対するユーザー修正を含んだインストールパッケージが指定されます。脆弱性の修正タスクが実行されると、インストールパッケージがインストールされてソフトウェア脆弱性が修正されます。

関連項目:

シナリオ:サードパーティ製ソフトウェアの脆弱性の検知と修正

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。