クイックスタートウィザードの概要

2024年3月18日

ID 191740

このセクションでは、管理サーバークイックスタートウィザードについて説明します。

管理サーバークイックスタートウィザードを使用すると、最低限必要なタスクとポリシーを作成し、最小限の設定を行って、管理対象のカスペルスキー製品のプラグインをダウンロードしてインストールします。そして、管理対象のカスペルスキー製品のインストールパッケージを作成します。ウィザードの実行中、次の変更をアプリケーションに対して行うことができます:

  • 管理対象アプリケーションのプラグインをダウンロードしてインストールします。クイックスタートウィザードが終了すると、インストールされている管理プラグインのリストが、管理サーバーのプロパティウィンドウの[詳細]→[インストール済みアプリケーション管理プラグインの詳細情報]セクションに表示されます。
  • 管理対象のカスペルスキー製品のインストールパッケージを作成します。クイックスタートウィザードが終了すると、Windows 用のネットワークエージェントと管理対象のカスペルスキー製品のインストールパッケージが、[管理サーバー]→[詳細設定]→[リモートインストール]→[インストールパッケージ]のリストに表示されます。
  • 管理グループ内のデバイスに自動配信可能なライセンス情報ファイルを追加するか、アクティベーションコードを入力します。クイックスタートウィザードが終了すると、ライセンスに関する情報が、[管理サーバー]→[カスペルスキーのライセンス]リストと管理サーバーのプロパティウィンドウの[ライセンス]セクションに表示されます。
  • Kaspersky Security Network(KSN)との対話を設定します。
  • 管理サーバーと管理対象アプリケーションの動作中に発生したイベントを通知するメール配信を設定します(通知が正しく送信されるようにするには、管理サーバーとすべての受信側デバイスで Messenger サービスが稼働している必要があります)。クイックスタートウィザードが終了すると、メール通知設定が、管理サーバーのプロパティウィンドウの[通知]セクションに表示されます。
  • デバイスにインストールされたアプリケーションのアップデートの設定と脆弱性の修正設定を調整します。
  • 管理対象デバイスの最上位階層で、ワークステーションとサーバーの保護ポリシー、およびマルウェアスキャンタスク、アップデートのダウンロードタスク、データバックアップタスクを作成します。クイックスタートウィザードが終了すると、作成されたタスクが、[管理サーバー]→[タスク]のリストに表示され、管理対象アプリケーションのプラグインに対応するポリシーが[管理サーバー]→[ポリシー]のリストに表示されます。

管理対象デバイス]グループで既に該当するポリシーが作成されている場合を除き、クイックスタートウィザードでは Kaspersky Endpoint Security for Windows などの管理対象製品のポリシーが作成されます。クイックスタートウィザードでは、[管理対象デバイス]グループに同じ名前のタスクが作成されていない場合にタスクを作成します。

管理コンソールでは、Kaspersky Security Center に初めて接続すると、クイックスタートウィザードを実行することを指示するメッセージが自動的に表示されます。また、クイックスタートウィザードはいつでも手動で起動できます。

この記事はお役に立ちましたか?
改善できる点がありましたらお聞かせください。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。
フィードバックをいただき、ありがとうございました。改善に向けて取り組んでまいります。